国別・地域別情報

アジア / 統計 | 出願実務 | その他参考情報


マレーシアにおける知的財産権取得の流れ

2013年11月22日

  • アジア
  • 統計
  • 出願実務
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「アセアン・インド知財保護ハンドブック」(2013年3月、日本貿易振興機構)第2章4では、マレーシアにおける知的財産権取得の流れについて紹介されている。具体的には、特許、実用新案、意匠、商標については、出願のフローチャート、出願件数等の表、審査に関する簡単な説明等が記載されている。また、著作権、地理的表示、集積回路についても簡単に紹介されている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 アセアン・インド知財保護ハンドブック(2013年3月、日本貿易振興機構)第2章4

 

(目次)

第2章 まずは権利を取得しよう

各国別 権利取得の流れ

 4 マレーシア p.28

  (1)特許 p.28

  (2)実用新案 p.29

  (3)意匠 p.29

  (4)商標 p.30

  (5)著作権 p.31

  (6)地理的表示 p.31

  (7)集積回路 p.31

■ソース
・アセアン・インド知財保護ハンドブック(2013年3月、日本貿易振興機構)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/11/c07cb51fd03e1c53f1ca0265ea9a0275.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 市政梓
■本文書の作成時期

2013.09.12

■関連キーワード