国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア 統計 | その他参考情報 特許・実用新案 中国における専利局の審査体制および審査状況

アジア / 統計 | その他参考情報


中国における専利局の審査体制および審査状況

2018年07月24日

  • アジア
  • 統計
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案

このコンテンツを印刷する

■概要
中国国家知識産権局(中国特許庁)のホームページ上で公開された情報、および元審査官へのインタビューにより得られた情報に基づき、専利局の内部機構、各内部機構の役割、審査体制、審査が行われる地域の決定に関する規則、品質評価体制、審査状況等を紹介する。
■詳細及び留意点

(1)中国専利局の内部機構

 専利局は国家知識産権局に直属しているもので、その内部には以下の組織図のように事務室、人事教育部、審査業務管理部、方式審査およびプロセッシング管理部、機械発明審査部、電気発明審査部、通信発明審査部、医薬バイオ発明審査部、化学発明審査部、光電技術発明審査部、材料工程発明審査部、実用新案審査部、意匠審査部、特許文献部、自動化部、党委員会、審査協力北京センター(2001年設立)、審査協力江蘇センター(2011年9月設立)、審査協力広東センター(2011年9月設立)、審査協力河南センター(2012年11月)、審査協力湖北センター(2013年1月設立)、審査協力天津センター(2013年9月設立)、審査協力四川センター(2013年10月設立)、中国特許技術開発公司の24の内部機構が設けられている。

29CN44_1

 

(2)専利(特許、実用新案、意匠)の審査に関わる各内部機構の役割

 上記24の内部機構のうち専利出願の審査と直接関係している部門は、審査業務管理部、方式審査およびプロセッシング管理部、機械発明審査部、電気発明審査部、通信発明審査部、医薬バイオ発明審査部、化学発明審査部、光電技術発明審査部、材料工程発明審査部、実用新案審査部、意匠審査部、審査協力北京センター、審査協力江蘇センター、審査協力広東センター、審査協力河南センター、審査協力湖北センター、審査協力天津センター、審査協力四川センターとなっている。これらの内設機構には各々多くの役割があるが、具体的な専利審査手続における主な役割は以下の通りである。

 

29CN44_5

(3)特許出願が専利局に提出された後、専利局の各内部機構間での通常の移転過程

 通常、特許出願が専利局に提出されると、まず方式審査およびプロセッシング管理部にて受理され、公開手続のための情報の編集と加工(分類番号の付与、要約の編集等)が行われる。実体審査の条件が充たされると、管理システムにおいては「実体審査待ち」の旨の標識が付与され、各実体審査部門の審査官が管理システムから取り出しうる状態になる。

 

 各審査部門に属する審査官は、担当分野等に応じて、予め割り当てられた管轄分類番号に基づき、管理システムからランダムに案件を取出し、実体審査を行う。実体審査完了後、案件は方式審査およびプロセッシング管理部に戻され、関係通知書(拒絶理由通知書、補正通知書、特許査定通知書または拒絶査定通知書等)が発行されることになる。

 

(4)専利局本庁にある各発明審査部と各地方に設けられた審査協力センターの役割

 専利局本庁にある各発明審査部と各地方に設けられた審査協力センターはいずれも特許出願を審査する役割を担っているが、特許出願は以下の基準で審査部門が決められる。

 

 現在、専利局本庁にある各発明審査部は、主にPCT出願の審査、新人審査官への業務指導、課題研究、およびPCT出願以外の出願の一部について実体審査を担当している。

 

 各地方の審査協力センターは、主に特許出願の実体審査や課題研究を担当し、PCT出願の国際段階の検索と予備審査作業の一部を担当している。また、一部の地方センターは拒絶査定不服審判作業にも関与している。各審査協力センターは、その所有する審査官の所属分野の状況等に応じて担当技術分野に偏りがある。例えば、湖北センターは武漢光谷に設立されており、光通信技術背景の審査官が相対的に多いため、この分野の特許出願の審査は湖北センターの審査官により担当される可能性が高くなる。

 

(5)専利局における審査の品質評価体制

 専利局には、審査の品質評価体制がある。通常、4段階の品質検査が設けられており、1段階目は処(審査部内でさらに技術分野に応じて細分化した単位)内での品質検査、2段階目は審査部レベルの品質検査、3段階目は審査協力センターレベルの品質検査、4段階目は局レベルの品質検査となっている。

 

 処内での検査に関しては、審査官間の相互検査であり、互いに審査の問題を検査および解決することを図る。

 

 審査部レベルの品質検査に関しては、部内に副部長が統括する品質検査グループが設けられており、当該品質検査グループにより所定の抽出率で部内の案件をサンプリングして検査し、問題が発見されると、即時に審査官にフィードバックされる。審査官の担当案件に問題が多く発見されると、部長からの個別相談を受けるのみならず、年間評価にも反映される。

 

 審査協力センターレベルの品質検査は、主に審査部レベルで検査を受けた案件の一部を対象として再検査を実施するものである。この段階の品質検査で発見された問題は、その審査部にフィードバックされ、当該審査部の年間評価に反映される。

 

 局レベルの品質検査は、主に専利局長官への報告用のものであり、各審査協力センターや審査部門、審査官にフィードバックされない。

 

 上記4段階の品質検査のうち、1、2段階は関係オフィスアクションの発行前に実施される検査であるため、事前検査と呼ばれる一方、3、4段階は関係オフィスアクションの発行後に実施される検査であるため、事後検査と言われる。

 

 以上のような体制で特許審査の品質が保証される。

 

(6)専利局の審査状況

 近年、中国専利局は専利の審査周期を短縮するために審査スピードを加速しつつあり、2016年の平均審査周期は、特許は22ヶ月、実用新案と意匠は3ヶ月と言われている。

以下に示すのは、専利局のホームページに公開された図表データの一部を利用した専利局の審査状況である。

1:中国専利出願件数の遷移(20082016)

 29CN44_6

 

2:中国PCT国際出願受理件数の遷移(20082016)

 29CN44_7

図3:中国専利登録件数の遷移(20082016)

29CN44_8

■本文書の作成者
天達共和法律事務所
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期

2018.01.23

■関連キーワード