国別・地域別情報

アジア / 統計 | 審判・訴訟実務


中国における知財関連訴訟件数

2018年03月01日

  • アジア
  • 統計
  • 審判・訴訟実務
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
中国における各知的財産権に関する訴訟件数の推移を示す。
■詳細及び留意点

    2017年4月27日、中国最高人民法院は「中国法院知的財産司法保護状況(2016)」を公式HPに発表した。例年、3月~4月に前年の統計が公表される。

 

 2016年の全国人民法院の各種知的財産関連事件(第一審、第二審、再審を含む)の新受件数は177,705件(対前年比19.07%増)に達し、既済件数は171,708件(対前年比20.86%増)に達している。以下、民事事件、行政事件、刑事事件のそれぞれについて、過去の公表資料に基づく、統計情報を掲載する。

 

 中国の統計で公表されている各種の訴訟件数の推移は以下の通りである。

 

  1. 民事訴訟

1-1. 民事訴訟提訴件数

 2007年~2016年の過去10年間の中国における民事訴訟提訴件数は以下となっている。近年、上昇率は鈍化しているものの、依然として増加傾向にある。

29CN51-1

年度・区分別 中国民事訴訟提訴件数(件)

 

29CN51-2

年度・区分別 中国民事訴訟提訴件数グラフ(件)

 

1-2. 民事訴訟の新受・既済件数

 2012年~2016年の過去5年間の知的財産権関係民事事件の新受・既済件数は以下の通りである。

29CN51-3

年度・審級別 知的財産権関係民事訴訟の新受・既済件数表(件)

 

1-3. 2016年民事訴訟動向

 北京市、上海市、江蘇省、浙江省、広東省の5つの地域の人民法院による新受件数の合計は107,011件であり、全体の新受件数の70.37%を占めており、事件が特定の地域に集中している。

 

 2016年の渉外知的財産民事第一審事件の既済件数は1,667件(対前年比25.62%増)であり、香港・マカオ・台湾関連事件の既済件数は1,130件(対前年比291.99%増)であり、外国や特別行政区での事件が大幅に増加している。

 

 地方各級人民法院の民事第二審の新受件数と既済件数もそれぞれ20,793件(対前年比37.57%増)と20,334件(対前年比35.33%増)を記録し、大幅に上昇している。そのうち、第二審における第一審判決の自判・差し戻し率は5.94%であり、昨年とほぼ同一の割合を維持している。

 

 一方、再審の新受件数と既済件数はそれぞれ79件(対前年比31.3%減)と85件(対前年比25.44%減)であり、再審率も対前年比45%減となっており、判決の安定性および正確性が向上していることが分かる。

 

 また、第一審事件の和解・取下率は64.21%であり、第二審事件の和解・取下率は24.44%であり、和解による解決が例年と比べて大幅に上昇している。

 

  1. 刑事訴訟

 2007年~2016年の過去10年間の中国における刑事訴訟件数は以下となっている。民事訴訟と異なり、減少傾向にある。

29CN51-4

年度別 知的財産権関係刑事訴訟第一審の新受・既済件数表

 

2-1. 2016年刑事訴訟動向

 2016年の地方各級人民法院の知的財産関連刑事事件第一審の新受件数と既済件数はそれぞれ8,352件(対前年比23.9%減)と8,601件(対前年比20.43%減)であり、共に減少の傾向にある。新受件数のうち、知的財産権侵害罪は3,799件(対前年比22.67%減)、知的財産権侵害に関わる粗悪品生産・販売罪は2,765件(対前年比29.55%減)、知的財産に関わる違法営業罪は1,567件(対前年比18.51%減)、その他知財関連の刑事事件は221件(対前年比3.27%増)という結果になった。なお、知的財産権侵害罪の3,799件のうち、商標権侵害罪が3,565件、著作権侵害罪が195件であり、全体のほとんどを占める。

 

  1. 行政訴訟

 2007年~2016年の過去10年間の中国における行政訴訟件数は以下となっている。刑事訴訟と同様、減少傾向にある。

29CN51-5

年度別 知的財産権関係行政訴訟第一審の新受・既済件数表

 

3-1. 2016年行政訴訟動向

 2016年の地方各級人民法院の知的財産関連行政事件(主に審決取消訴訟)第一審の新受件数は7,186件であり、具体的には専利1,123件、商標5,990件、著作権37件、その他行政事件36件が含まれる。

 

 2016年の地方各級人民法院の知的財産関連行政事件第一審の既済件数は6,250件であり、渉外・香港・マカオ・台湾関連事件は2,394件であり、全体の38.3%を占めている。そのうち、維持判決は4,241件、取消判決は1,263件であった。

 

 地方各級人民法院の知的財産関連行政事件第二審の新受件数と既済件数はそれぞれ3,233件(対前年比44%増)と3,069件(対前年比31.77%増)であり、既済事件の判決のうち、原判決維持が2,560件、自判が418件、差戻しが7件、取下げが49件、却下が20件、その他が15件であった。

■ソース
「中国知识产权保护状况」(2007~2012年国家知識産権戦略網(战略专题>>白皮书))
http://www.nipso.cn/bai.asp 中国法院知的財産権司法保護状况(2016年)
http://www.court.gov.cn/zixun-xiangqing-42362.html 2015年全国法院審判執行状況(2015年)
http://www.court.gov.cn/fabu-xiangqing-18362.html 中国法院知的財産権司法保護状况(2014年)
http://www.court.gov.cn/zixun-xiangqing-14207.html 中国法院知的財産権司法保護状况(2013年)
http://www.court.gov.cn/zixun-xiangqing-8113.html
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期

2017.12.19

■関連キーワード