国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア ライセンス・活用 | 審決例・判例 | その他参考情報 特許・実用新案 | 意匠 | 商標 | その他 ベトナムにおける知的財産権のエンフォースメント措置(水際対策)について

アジア / ライセンス・活用 | 審決例・判例 | その他参考情報


ベトナムにおける知的財産権のエンフォースメント措置(水際対策)について

2013年09月20日

  • アジア
  • ライセンス・活用
  • 審決例・判例
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル ベトナム編」(2012年3月、日本貿易振興機構)第I章第4節3は、ベトナムにおける知的財産権のエンフォースメント措置(水際対策)について解説している。水際対策は、模倣品/侵害品がベトナムに輸入・輸出されることを阻止するために必要な介入的措置とみなされている。水際対策には、知的財産権の侵害疑義品を発見するための監視・監督と知的財産権侵害疑義品の通関停止があり、税関に対して水際対策の実施を要請するためには、知的財産権の保有者は税関総局(GDC)の調査監督部(ISD)に申立書を提出し、ベトナム全国の税関向けとするか特定の省の税関(COP)向けとするかを指定する。国境監視手続(p.27)と停止手続(p.28)のフロー図も記載されている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 模倣対策マニュアル ベトナム編(2012年3月、日本貿易振興機構)第I章第4節3

(目次)

第I章 ベトナムでの知的財産権のエンフォースメント方法

 第4節 知的財産権のエンフォースメント措置

   3. 水際対策 p.26

    3.1 適用の範囲と特徴 p.26

    3.2 水際対策の長所と短所 p.29

■ソース
・模倣対策マニュアル ベトナム編(2012年3月、日本貿易振興機構)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/09/acc43d128ff95ba095782b4df9f9f212.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 木下孝彦
■本文書の作成時期

2013.08.17

■関連キーワード