国別・地域別情報

アジア / 審判・訴訟実務 | ライセンス・活用 | その他参考情報


台湾における営業秘密の保護

2014年05月23日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「台湾模倣対策マニュアル」(2013年3月、交流協会)一、(一)5.では、台湾における営業秘密を保護する営業秘密法の規定について説明されている。具体的には、営業秘密の概念及び要件、営業秘密侵害行為の類型、営業秘密侵害行為に対する民事訴訟、刑事罰及び行政院公平交易委員会への摘発について説明されている。
■詳細及び留意点

 台湾模倣対策マニュアル(2013年3月、交流協会)一、(一)5.

 

(目次)

一、台湾の法律で保護される知的財産及び保護を受けるための手続き又は要件

  (一) 法制度の紹介

   5. 営業秘密の保護 p.95

    (1) 営業秘密の概念及び要件 p.95

    (2) 営業秘密侵害行為の類型 p.95

    (3) 営業秘密侵害に対する救済 p.98

■ソース
台湾模倣対策マニュアル(2013年3月、交流協会)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2014/05/0d1e0fd42d11387954fa441d14115e49.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 清水利明
■本文書の作成時期

2013.12.22

■関連キーワード