国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア ライセンス・活用 | その他参考情報 特許・実用新案 | その他 韓国における特許権侵害発見から対応までの流れ

アジア / ライセンス・活用 | その他参考情報


韓国における特許権侵害発見から対応までの流れ

2013年12月06日

  • アジア
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「特許侵害対応マニュアル 韓国編」(2013年3月、日本貿易振興機構)第I編第1章では、韓国における権利侵害対応として、侵害の発見から対応までの流れについて紹介されている。具体的には、侵害品の情報収集、事実確認、侵害に対する対応(例えば警告文の送付等)、事後対策、及び相手側からなされる防御(無効審判請求や消極的権利範囲確認審判請求等)について紹介している。
■詳細及び留意点

【詳細】

 特許侵害対応マニュアル 韓国編(2013年3月、日本貿易振興機構)第I編第1章

 

(目次)

第I編 特許侵害対応へのガイダンス

第1章 特許権が侵害されたら p.2

 1. 基礎情報の収集 p.2

 2. 特許侵害事実の確認 p.3

 3. 対応戦略の樹立 p.4

  3-1 対応の流れ p.6

 4. 事後対策 p.7

  4-1 対策終了の広報、マスコミ発表 p.7

  4-2 継続的市場監視の体制作り p.7

■ソース
・特許侵害対応マニュアル 韓国編(2013年3月、日本貿易振興機構)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/12/7ed1f589e73a1c9b2afe07e5598158e4.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 市政梓
■本文書の作成時期

2013.10.29

■関連キーワード