- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - http://www.globalipdb.inpit.go.jp -

フィリピンにおける技術ライセンス契約

2018年09月11日

  • アジア
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • その他

印刷する

■概要
フィリピンにおける技術移転取決めまたは技術ライセンス契約に関して、知的財産法にその定義、登録や紛争の解決など種々の規定が存在する。ライセンス供与には、自発ライセンスと強制ライセンスがあり、前者は資料・情報・技術移転局に登録することで第三者対抗要件が具備される。

本稿では、フィリピンにおける技術ライセンス契約について、E.B. Astudillo & Associates(フィリピン特許法律事務所)の代表弁護士 Mr. Enrico B. Astudilloと特許部門長 Ms. Asteria I. Mercadoが解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
E.B. Astudillo & Associates(フィリピン特許法律事務所)
Enrico B. Astudillo
Asteria I. Mercado
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2018.02.23
■関連キーワード
PH-am-5100   PH-lm-5100   PH:フィリピン   ノウハウ   実務者向け   強制ライセンス   技術ライセンス契約   登録   第三者対抗要件   自発ライセンス  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.