- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - http://www.globalipdb.inpit.go.jp -

シンガポールにおける特許ライセンス

2018年06月28日

  • アジア
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • その他

印刷する

■概要
シンガポールにおける特許ライセンス契約の内容、無効な条項、特許ライセンスの費用、ロイヤルティ、登録、訴訟手続に関連し、シンガポール特許法は、排他的ライセンス、非排他的ライセンス、ライセンス・オブ・ライトに言及している。
本稿では、シンガポールにおける特許ライセンスについて、SPRUSON & FERGUSON (ASIA) PTE LTD プリンシパル、米国弁護士、法学博士 DANIEL COLLOPYとアソシエート、シンガポール弁理士、シンガポールIPコンサルタント R.N. GNANAPRAGASAM氏が解説する。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
SPRUSON & FERGUSON (ASIA) PTE LTD
DANIEL COLLOPY
R.N. GNANAPRAGASAM
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2018.01.30
■関連キーワード
ADR   SG-am-5100   SG-an-5100   SG:シンガポール   WIPO仲裁調停センター   ライセンス・オブ・ライト   ライセンス契約   ロイヤルティ   実務者向け   排他的ライセンス   紛争解決   裁判外紛争解決   訴訟   適用管轄権   非排他的ライセンス  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.