- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - http://www.globalipdb.inpit.go.jp -

メキシコにおける営業秘密の保護

2016年04月14日

  • 中南米
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • その他

印刷する

■概要
メキシコでは営業秘密は産業財産法(Industrial Property Law : IPL)に基づき保護され、同法第82条において、「個人もしくは企業が保有し、秘密性を有し、かつ、経済活動を行う上で第三者に対する競争上または経済上の利益の確保もしくは維持に関連する、産業上もしくは商業上の利用可能性を有する情報であって、それに関して当該個人もしくは企業が、利用を制限し秘密性を維持する十分な手段もしくはシステムを採用しているもの」と定義されている。IPLのほか、連邦労働法(Federal Labor Law:FLL)および連邦刑法(Federal Criminal Law:FCL)にも営業秘密保護に関する具体的な規定が含まれている。

本稿では、メキシコにおける営業秘密の保護について、Clarke, Modet & Co Mexicoの弁護士Jose Miguel Mena Lopez氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Clarke, Modet & Co Mexico 弁護士 Jose Miguel Mena Lopez
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2016.02.04
■関連キーワード
MX-lm-5000   MX-lm-5140   MX-lm-9999   MX:メキシコ   NAFTA   Trips   入門者向け   労働契約   営業秘密   守秘義務   専門家   情報漏洩   損害賠償   産業財産法   競業避止   連邦刑法   連邦労働法  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.