国別・地域別情報

アジア / 法令等 | 審判・訴訟実務 | 審決例・判例 | その他参考情報


フィリピンにおける裁判手続き

2015年01月14日

  • アジア
  • 法令等
  • 審判・訴訟実務
  • 審決例・判例
  • その他参考情報
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル フィリピン編」(2010年3月、日本貿易振興機構)VIでは、フィリピンにおける裁判手続きについて、民事訴訟の提起と被告側の答弁、裁判によって与えられる救済措置(損害賠償、差止命令、侵害ラベルの破壊)、決定や判決までの期間について説明されている。

■詳細及び留意点

模倣対策マニュアル フィリピン編(2010年3月、日本貿易振興機構)VI  

(目次)

VI 裁判手続き P.62

1 民事訴訟の提起と被告側の答弁 P.62

2 裁判によって与えられる救済措置 P.63

2-1 損害賠償 P.63

2-2 差止命令 P.64

2-3 侵害ラベルの破壊 P.64

3 時間の制限 P.65

■ソース
模倣対策マニュアル フィリピン編(2010年3月、日本貿易振興機構)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/11/30b7a232db362eb25f60eac3a339cfc3.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期

2014.11.07

■関連キーワード