- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - http://www.globalipdb.inpit.go.jp -

タイにおける種苗法の活用

2015年01月19日

  • アジア
  • 法令等
  • 出願実務
  • その他参考情報
  • その他

印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル タイ編」(2008年3月、日本貿易振興機構)第3編第3章では、タイにおける種苗法について、保護対象となる植物品種の要件、育成者権および育成者権の例外について説明されている。また、法的保護についても、民事的救済措置及び刑事的救済措置が説明されている。
■詳細及び留意点

模倣対策マニュアル タイ編(2008年3月、日本貿易振興機構)第3編第3章  

(目次)

第3編 関連法の活用

第3章 種苗法 P.102

3-1 保護対象となる「植物品種」の要件 P.102

3-2 育成者権とは P.103

3-3 育成者権の例外 P.103

3-4 法的保護について P.103

■ソース
模倣対策マニュアル タイ編(2008年3月、日本貿易振興機構)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/11/23173335c79eb600f315208790a37040.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期
2014.10.31
■関連キーワード
2001   2200   2300   2800   3200   4300   TH-gm-2001   TH-gm-2200   TH-gm-2300   TH-gm-2800   TH-gm-3200   TH-gm-4300   TH-gm-9999   TH:タイ   侵害   入門者向け   刑事的救済措置   地域一般植物品種   地域固有植物品種   植物新品種   民事的救済措置   生物多様性条約   種苗法   育成者権   野生植物品種  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.