国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア 法令等 | 審決例・判例 商標 インドにおける商標判決・審決の分析

アジア / 法令等 | 審決例・判例


インドにおける商標判決・審決の分析

2014年12月25日

  • アジア
  • 法令等
  • 審決例・判例
  • 商標

このコンテンツを印刷する

■概要
「インド知財判決・審決分析集(2014年第3版)」(2014年6月、日本貿易振興機構ニューデリー事務所知的財産部)2では、インドにおける商標分野の論点ごとに、各論点の概要、成文法の規定、審決及び判決の分析及び分析に基づく結論が紹介されている。
■詳細及び留意点

インド知財判決・審決分析集(2014年第3版)(2014年6月、日本貿易振興機構ニューデリー事務所知的財産部)2

(目次)

2 商標 P.119

名字の商標としての登録可能性及び権利行使可能性(商標法第2条(1)(m))‖Ref.2-1 P.119

長期使用による識別力の獲得(商標法第9条(1)(a))‖Ref.2-2 P.123

善意の競合使用の成立要件(商標法第12条)‖Ref.2-3 P.127

外国商標の国境を越えた名声‖Ref.2-4 P.130 記述的商標の権利行使の要件‖Ref.2-5 P.132

希釈化の要件(商標法第29条(4))‖Ref.2-6 P.135

侵害行為の黙認による権利行使の不能(商標法第33条)‖Ref.2-7 P.138

侵害事件における仮差止命令の認容基準(商標法第135条)‖Ref.2-8 P.141

■ソース
インド知財判決・審決分析集(2014年第3版)(2014年6月、日本貿易振興機構ニューデリー事務所知的財産部)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2014/11/cd5fdf9b1f82487793eb13e5d440758b.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期

2014.09.25

■関連キーワード