国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア 法令等 | 審決例・判例 特許・実用新案 インドにおける特許判決・審決の分析

アジア / 法令等 | 審決例・判例


インドにおける特許判決・審決の分析

2014年12月24日

  • アジア
  • 法令等
  • 審決例・判例
  • 特許・実用新案

このコンテンツを印刷する

■概要
「インド知財判決・審決分析集(2014年第3版)」(2014年6月、日本貿易振興機構ニューデリー事務所知的財産部)1では、インドにおける特許分野の論点ごとに、各論点の概要、成文法の規定、審決及び判決の分析及び分析に基づく結論が紹介されている。
■詳細及び留意点

インド知財判決・審決分析集(2014年第3版)(2014年6月、日本貿易振興機構ニューデリー事務所知的財産部)1

(目次)

1 特許 P.5

進歩性評価における「当業者」(特許法第2条(1)(ja))‖Ref.1-10 P.5

進歩性評価における「微少な改善」テスト(特許法第2条(1)(ja))‖Ref.1-11 P.8

進歩性の立証責任(特許法第2条(1)(ja))‖Ref.1-12 P.13

第3条(d)における「既知の物質」(特許法第3条(d))‖Ref.1-13 P.18

第3条(d)における「効能」(特許法第3条(d))‖Ref.1-14 P.21

単なる混合物に過ぎない組成物(特許法第3条(e))‖Ref.1-15 P.27

数学的方法の発明からの除外(特許法第3条(k))‖Ref.1-1 P.31

ビジネス方法の発明からの除外(特許法第3条(k))‖Ref.1-2 P.35

コンピュータ・プログラムそれ自体の発明からの除外(特許法第3条(k))‖Ref.1-3 P.39

アルゴリズムの発明からの除外(特許法第3条(k))‖Ref.1-4 P.43

出願権の証拠書面の提出要件(特許法第7条(2))‖Ref.1-16 P.46

陳述書及び誓約書に基づく外国出願関連情報の提出(特許法第8条(1))‖Ref.1-5 P.50

審査管理官の求めに基づく外国出願関連情報の提出(特許法第8条(2))‖Ref.1-6 P.55

外国出願関連情報の提出における「実質的に同一の発明」(特許法第8条)‖Ref.1-7 P.59

外国出願関連情報の提出におけるPCT出願(国際段階)の扱い(特許法第8条)‖Ref.1-8 P.64

外国出願関連情報の提出要件違反の立証責任(特許法第8条)‖Ref.1-9 P.69

親出願に複数の発明がない場合の分割出願の禁止(特許法第16条)‖Ref.1-17 P.73

付与前異議申立の決定に対する審判請求(特許法第25条(1))‖Ref.1-18 P.77

付与後異議申立における異議合議体の役割(特許法第25条)‖Ref.1-1 P.82

インドを受理官庁としたPCT出願は外国出願か否か(特許法第39条)‖Ref.1-20 P.86

強制実施権設定における第三者による実施の考慮の是非(特許法第83条)‖Ref.1-21 P.90

公衆の満足いく程度の需要(特許法第84条)‖Ref.1-22 P.94

合理的で無理の無い価格(特許法第84条)‖Ref.1-23 P.98

インド領域内での実施(特許法第84条)‖Ref.1-24 P.101

強制実施権許諾の申請後に権利者が行った事項の参酌の是非(特許法第84条)‖Ref.1-25 P.106

強制実施権許諾の審査手続における聴聞の時期(特許法第84条)‖Ref.1-26 P.110

特許侵害の例外としての医薬品販売承認申請(特許法第107A条)‖Ref.1-27 P.113

審査管理官による所定期間の延長(特許規則138)‖Ref.1-28 P.116

■ソース
インド知財判決・審決分析集(2014年第3版)(2014年6月、日本貿易振興機構ニューデリー事務所知的財産部)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2014/11/cd5fdf9b1f82487793eb13e5d440758b.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期

2014.09.25

■関連キーワード