国別・地域別情報

アジア / 法令等 | 出願実務 | 審判・訴訟実務 | ライセンス・活用 | その他参考情報


インドにおける意匠制度の概要

2014年11月06日

  • アジア
  • 法令等
  • 出願実務
  • 審判・訴訟実務
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 意匠

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル インド編」(2014年3月、日本貿易振興機構) 第1章 第4節では、インドにおける意匠権保護の対象、出願手順、登録後の公告・登録簿の訂正、更新料未納により失効した意匠権の回復手続き、不服申立制度、登録意匠の取消し請求の手続き等が説明されている。また、意匠法における「事前の公表」に関する指針を定めた判例も紹介されている。
■詳細及び留意点

模倣対策マニュアル インド編(2014年3月、日本貿易振興機構)第1章 第4節

(目次)

第1章 知的財産権の取得

 第4節 意匠 P.92

  1 法上の意匠権の対象 P.92

  2 登録手続き P.95

  3 登録意匠における意匠権 P.100

  4 意匠の登録 P.100

  5 失効した意匠権の回復 P.101

  6 意匠に係る物品の表示 P.102

  7 譲渡および実施許諾 P.102

  8 登録の取消し P.102

  9 不服申立 P.103

  10 意匠法における事前の公表 P.104

■ソース
模倣対策マニュアル インド編(2014年3月、日本貿易振興機構)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2014/10/c9d94c5f33c9bdf57e0782667bd932f7.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期

2014.08.25

■関連キーワード