国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 中東 法令等 商標 インドにおける悪意(Bad-faith)の商標出願に関する法制度および運用

中東 / 法令等


インドにおける悪意(Bad-faith)の商標出願に関する法制度および運用

2019年02月07日

  • 中東
  • 法令等
  • 商標

このコンテンツを印刷する

■概要
「悪意(Bad-faith)の商標出願に関する調査研究報告書」(平成30年3月、知的財産研究教育財団 知的財産研究所)II.4.(3)では、インドにおける悪意の商標出願に関する法制度および運用状況を紹介している。具体的には、他人の商標の先取りとなるような商標登録出願が大量に行われている事案の有無、悪意の商標出願に関する定義の有無や悪意であるとの主張に関する規定、悪意の商標出願に関する条文等について紹介している。
■詳細及び留意点

 「悪意(Bad-faith)の商標出願に関する調査研究報告書」(平成30年3月、知的財産研究教育財団 知的財産研究所)II.4.(3)、資料3

 

(目次)

II. 調査結果

 4. 海外質問票調査

  (3) 海外質問票調査の結果

   ② 他人の商標の先取りとなるような商標登録出願が大量に行われている事案が存

     在するか

    (i) インド P.37

   ③ 悪意の商標出願に関する法制度及び運用 P.38

   ④ 五つの観点に基づく法制度及び運用の調査 P.42

 

資料3 各国及び地域の商標法関連条文

 ■インド P.148

■ソース
「悪意(Bad-faith)の商標出願に関する調査研究報告書」(平成30年3月、知的財産研究教育財団 知的財産研究所)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2019/01/433ca06a8bcdb308f7065df3a6fea85c.pdf
■本文書の作成者
日本国際知的財産保護協会
■本文書の作成時期

2018.07.23

■関連キーワード