- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - http://www.globalipdb.inpit.go.jp -

インドにおける営業秘密保護に関する法制度および運用状況について

2019年01月08日

  • アジア
  • 法令等
  • 統計
  • 審判・訴訟実務
  • 制度動向
  • 審決例・判例
  • その他

印刷する

■概要
「『国際知財制度研究会』報告書(平成29年度)」(2018年3月、知的財産研究教育財団知的財産研究所)第2章I.2.(6)では、インドにおける営業秘密保護に関する法制度および運用状況について紹介している。具体的には、法制度の概要、営業秘密の定義、救済手段や例外、訴訟における証拠収集、および国境措置について紹介している。また、運用状況については、侵害事件の事件数や事例、訴訟における主な争点、刑事救済の可能性、訴訟における営業秘密保持、外国企業がインドに進出する際の実務上の留意点、および営業秘密保護に関する法制度の国内的評価について紹介している。
■詳細及び留意点

 「『国際知財制度研究会』報告書(平成29年度)」(2018年3月、知的財産研究教育財団知的財産研究所)第2章I.2.(6)

 

(目次)

第2章 各国における知的財産権保護の状況に関する調査

 Ⅰ. 営業秘密に関する各国法制度と運用

  2. 営業秘密保護に関する各国法制度及び運用状況ついて

   (6) インド P.77

    ① 営業秘密保護に関する法制度 P.77

     (ⅰ) 営業秘密保護に関する法制度の概要 P.77

     (ⅱ) 営業秘密の定義 P.78

     (ⅲ) 営業秘密侵害の救済手段 P.78

     (ⅳ) 営業秘密侵害の例外 P.79

     (ⅴ) 訴訟における証拠収集手続について P.79

     (ⅵ) 国境措置 P.79

    ② 営業秘密保護に関する運用 P.80

     (ⅰ) 営業秘密侵害事件の事件数、及び裁判外の紛争解決事例 P.80

     (ⅱ) 訴訟における主な争点について P.80

     (ⅲ) 刑事救済の可能性について P.81

     (ⅳ) 訴訟における営業秘密保持について P.82

     (ⅳ) 外国企業がインドに進出する際の実務上の留意点 P.83

     (ⅴ) 営業秘密保護に関する法制度の国内的評価 P.83

 

   営業秘密保護に関する各国法制度比較表 P.85

■ソース
「『国際知財制度研究会』報告書(平成29年度)」(2018年3月、知的財産研究教育財団知的財産研究所)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2018/12/a4747330878a0ca65f1fc5fa313e4c71.pdf
■本文書の作成者
日本国際知的財産保護協会
■本文書の作成時期
2018.06.22
■関連キーワード
ADR   IN-em-1000   IN-em-1200   IN-em-4000   IN-em-4300   IN-em-8200   IN-em-8300   IN:インド   争点   事例   仲裁   制度   営業秘密   国境措置   域外適用   定義   実務者向け   救済   留意点   秘密保持   裁判外   訴訟   証拠   運用  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.