- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - http://www.globalipdb.inpit.go.jp -

ブラジルにおける外国語(日本語)商標の取り扱い

2018年09月04日

  • 中南米
  • 法令等
  • 出願実務
  • その他参考情報
  • 商標

印刷する

■概要
ブラジル産業財産庁のガイドラインによれば、日本語および中国語の文字のような表意文字で構成された標章は、図形商標とみなされる。表意文字で構成された商標に与えられる法的保護は、文字の図形的表現および表意文字自体に与えられるものであって、表意文字が意味する単語または語句に与えられるものではない。表意文字に与えられる保護は、当該文字の外観に限定されることを考えると、より広い範囲の商標保護を受けるためには、表意文字の翻訳の出願に加え、その音訳も出願することが望ましい。

本稿では、ブラジルにおける外国語(日本語)商標の取り扱いについて、Dannemann Siemsen Bigler & Ipanema Moreira事務所の弁護士 Filipe Cabral氏とFernanda Mascarenhas氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Dannemann Siemsen Bigler & Ipanema Moreira
Filipe Cabral
Fernanda Mascarenhas
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2017.12.20
■関連キーワード
BR-dm-2450   BR:ブラジル   中国語   図形商標   外国語   実務者向け   日本語   翻訳   表意文字   識別性   音訳  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.