- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - http://www.globalipdb.inpit.go.jp -

香港知的財産局の特許審査体制

2018年08月09日

  • アジア
  • 法令等
  • 制度動向
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
香港知的財産局(IPD)は、中華人民共和国(PRC)の香港特別行政区政府の商務経済発展局(CEDB)の管轄下で、産業財産権問題を担う香港政府機関である。IPDの管轄下には商標登録局、特許登録局、意匠登録局および著作権管理機関登録局があり、それぞれ商標登録、特許登録、意匠登録および著作権管理機関登録に関する業務を扱っている。香港では、香港特許条例(第514章)および特許(一般)規則(第514C章)に基づき、標準特許および短期特許の2種類の特許を出願できる。IPDはこれらの特許出願の方式審査のみを行い、新規性または進歩性に関する実体的な調査および審査は行わない。

本稿では、香港知的財産局の特許審査体制について、China Patent Agent (H.K.) Ltd.(香港特許法律事務所) マネージャー 弁理士 Mr. Owen Maが解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
China Patent Agent (H.K.) Ltd.(香港特許法律事務所)
Owen Ma
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2018.02.15
■関連キーワード
HK-am-2001   HK-am-9700   HK-an-2001   HK:香港   IPD   実務者向け   標準特許   特許登録局   短期特許   香港知的財産局  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.