- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - http://www.globalipdb.inpit.go.jp -

マレーシアにおける外国語(日本語)商標の取り扱い

2018年06月21日

  • アジア
  • 法令等
  • 出願実務
  • その他参考情報
  • 商標

印刷する

■概要
マレーシアでは、マレー語、英語はもとより、日本語を含むあらゆる外国語で商標登録が可能である。外国語を含む商標出願では、翻訳と音訳の提出が義務付けられる。審査では、提出された翻訳と音訳が考慮され、英語またはマレー語の商標と同じ審査基準が適用されるため、商標が外国語であることによる影響はない。外国語で表示された商標の詐称通用(パッシング・オフ)および侵害の有無は、裁判所が個別に判断する。

本稿では、マレーシアにおける外国語(日本語)商標の取り扱いについて、TAY & PARTNERSのLee Lin Li弁護士とChong Kah Yee弁護士が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
TAY & PARTNERS
Lee Lin Li
Chong Kah Yee
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2018.01.26
■関連キーワード
MY-dm-2440   MY-dm-2450   MY:マレーシア   パッシングオフ   侵害   外国語商標   実務者向け   相対的拒絶理由   絶対的拒絶理由   翻訳   詐称通用   識別性   音訳  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.