- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - http://www.globalipdb.inpit.go.jp -

韓国における物品デザインの商標的保護

2018年04月24日

  • アジア
  • 法令等
  • 出願実務
  • 審決例・判例
  • その他参考情報
  • 商標

印刷する

■概要
韓国においては、1998年に施行された改正商標法により、立体商標が導入されている。立体商標の権利によって物品の形状に対して保護を受けることは可能であるが、「識別力の獲得」を認めてもらうことが困難である。まずデザイン権で登録して、以後長期間持続的に使用し、特定人の商品であることを連想させる出所表示として十分に認識された場合に限って、識別力の獲得に関する証拠資料を準備して立体商標として商標出願を行うことが好ましい。

本稿では、韓国における物品デザインの商標的保護について、SUNYOUNG INT’L PATENT & LAW FIRMの弁理士、許容録氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
SUNYOUNG INT’L PATENT & LAW FIRM
弁理士 許容録
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2017.11.17
■関連キーワード
KR-dm-2450   KR:韓国   デザイン   デザイン保護法   デザイン創作証明制度   デザイン権   不正競争防止   不法行為   出所表示   図形商標   実務者向け   民法   立体商標   立体的形状   著作権   著作権法   識別力   非伝統的商標  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.