- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - http://www.globalipdb.inpit.go.jp -

シンガポールにおける特許権の共有と共同出願

2018年03月27日

  • アジア
  • 法令等
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
特許権の共有はシンガポールにおいて一般的に行われていることであり、複数の個人により創出された発明、複数の企業による共同研究、または複数の当事者間で特許権の所有権を共有する具体的な契約の結果として特許権の共有が生じる。ただし、かかる共有の形態は、最初に所定の問題について対処しない、または明確にしない場合には複雑な事態を招くおそれがある。
本稿では、シンガポールにおける特許権の共有と共同出願について、Spruson & Fergusonのシンガポールオフィスの所長であり弁理士であるDr. Lee Morrisroeが解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Spruson & Ferguson
Lee Morrisroe
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2018.01.10
■関連キーワード
SG-am-2001   SG-am-2b00   SG-am-4200   SG-am-4300   SG-am-5100   SG-aq-2001   SG-aq-2b00   SG-aq-4200   SG-aq-4300   SG-aq-5100   SG:シンガポール   ライセンス   侵害   侵害訴訟   共同   共同出願   共同研究   共有   共有特許権   契約   実務者向け   実施   持分   損害賠償   放棄   民法   特許法   移転   補償   譲渡  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.