- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - http://www.globalipdb.inpit.go.jp -

ブラジルにおける医薬用途発明の保護制度

2018年03月20日

  • 中南米
  • 法令等
  • 出願実務
  • 制度動向
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
ブラジルにおいて、人間または動物の体の治療、手術および診断方法は、発明とはみなされない。一方、既知物質の第二およびそれ以降の医薬用途は、その主題が新規性、進歩性、産業上の利用可能性、開示の明確性および十分性を満たしていれば、ブラジルで特許を受けることができる。医薬用途のクレームとしてブラジルで容認されるのはスイス型クレーム形式である。
本稿では、ブラジルにおける医薬用途発明の保護制度について、DANIEL Legal & IP Strategy Samantha Salim氏と、Kene Gallois氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■ソース
DANIEL Legal & IP Strategy Samantha Salim氏、Kene Gallois氏
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2017.11.16
■関連キーワード
BR-am-2300   BR-am-2450   BR-am-2800   BR-ao-2300   BR-ao-2450   BR:ブラジル   スイス型クレーム   マーカッシュ形式   医薬   医薬用途   医薬発明   多形   治療方法   補正   診断方法   開示  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.