- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - http://www.globalipdb.inpit.go.jp -

韓国における微生物寄託制度

2018年02月22日

  • アジア
  • 法令等
  • 審決例・判例
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
韓国において微生物寄託制度は、微生物に係る発明の再現性を担保するための制度として、また書面主義の例外として運用されている。そのため、微生物に係る発明について特許出願をする際には、出願前に当該微生物を寄託する必要があり、その旨を明細書に記載し、かつ、受託証も共に提出しなければならない。要件を満たしていない場合、特許法第29条第1項本文(発明の成立性、未完成発明)または特許法第42条第3項第1号(実施可能要件)が問題となる可能性がある。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Lee International IP & Law Group 弁理士 安常吾
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2017.11.30
■関連キーワード
KR-am-2300   KR-am-2450   KR-aq-2300   KR-aq-2450   KR:韓国   ブダペスト条約   実施可能要件   寄託   微生物   微生物寄託制度   特許微生物寄託機関   生物   生物学的物質   生物資源   第一国出願   韓国  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.