国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア 法令等 | 出願実務 | 審判・訴訟実務 | 審決例・判例 商標 韓国の商標法における「商標」の定義の観点からの識別性

アジア / 法令等 | 出願実務 | 審判・訴訟実務 | 審決例・判例


韓国の商標法における「商標」の定義の観点からの識別性

2017年12月14日

  • アジア
  • 法令等
  • 出願実務
  • 審判・訴訟実務
  • 審決例・判例
  • 商標

このコンテンツを印刷する

■概要
「商標の識別性に関する課題(「認証・証明マークの保護」及び「商標の定義」の観点から)についての調査研究報告書」(平成29年3月、知的財産研究教育財団知的財産研究所)資料編II-1-8では、韓国の商標法における「商標」の定義の観点からの識別性について、商標の定義の変遷、識別性に関する条文や侵害訴訟における識別性の主張、商標的使用論等に関する海外質問票調査結果の現地回答和訳が紹介されている。
■詳細及び留意点

 「商標の識別性に関する課題(「認証・証明マークの保護」及び「商標の定義」の観点から)についての調査研究報告書」(平成29年3月、知的財産研究教育財団知的財産研究所)資料編II-1-8

 

(目次)

資料編

 資料II 「商標」の定義の観点からの識別性に関する課題

  資料II-1 海外質問票調査結果の詳細(10か国・地域)

   8 韓国 P.375

■ソース
「商標の識別性に関する課題(「認証・証明マークの保護」及び「商標の定義」の観点から)についての調査研究報告書」(平成29年3月、知的財産研究教育財団知的財産研究所)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2017/12/01514d53e350395f5626d5663576c924.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期

2017.10.11

■関連キーワード