国別・地域別情報

アフリカ / 法令等 | 統計 | 出願実務 | 審判・訴訟実務 | その他参考情報


ケニアにおける模倣品に対する知的財産保護制度と機関

2016年04月06日

  • アフリカ
  • 法令等
  • 統計
  • 出願実務
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「ケニアにおける模倣品流通に関する調査」(2012年3月、日本貿易振興機構)1~7では、ケニアにおける模倣品に対する知的財産保護制度と機関について、ケニアや周辺地域の経済状況、ケニアにおける知的財産権および模倣品問題、ケニアで保護される知的財産権の種類、模倣品取締法に基づく模倣の定義(侵害の種類と形態)、ケニアにおける知的財産法よび政府の政策、知的財産権に関する政府の保護機関およびエンフォースメント機関等が紹介されている。
■詳細及び留意点
【詳細】

 ケニアにおける模倣品流通に関する調査(2012年3月、日本貿易振興機構)1~7【粋抜】(PDFファイル)

 

(目次)
  1. エグゼクティブ・サマリー P.1
  2. 序論 P.5
    • ケニア及び地域経済 P.5
    • 東アフリカ地域 P.9
  3. ケニアにおける知的財産権及び模倣品問題 P.10
    • ケニアの知的財産に関する地域条約及び国際条約への加盟 P.10
    • 模倣行為の影響 P.11
  4. 知的財産権の種類 P.12
    • 商標 P.12
    • 意匠 P.12
    • 著作権 P.12
    • 特許 P.13
  5. 模倣の定義(侵害の種類と形態) P.14
    • 定義 P.14
    • 侵害の形態と種類 P.16
  6. ケニアにおける知的財産法及び政府の政策 P.18
    • ケニアにおける知的財産権に関する法律の概要 P.18
    • 官民パートナーシップ P.18
    • 外国企業による模倣品対策 P.19
    • 2008年模倣品取締法及びその規則 P.20
      • 弱点 P.21
    • 2001年工業所有権法(IPA) P.22
      • 弱点-予備部品 P.22
    • 1955年商標法 P.23
      • 商標登録:要件と手続 P.24
      • 審査 P.25
      • 公示 P.25
      • 登録 P.26
      • 商標登録期間 P.26
      • 公式登録費 P.26
    • 登録の地域制度及び国際制度 P.26
      • アフリカ広域知的財産機関(ARIPO)制度 P.26
      • マドリッド制度 P.27
      • 費用 P.27
    • ケニアにおける2001年著作権法の実施及びエンフォースメント P.27
    • 種子及び植物品種法 P.29
    • 度量衡法 P.30
    • 取引表示法(第505章) P.30
    • 基準法 P.31
    • 関税及び物品税法・税関における模倣品対策 P.32
    • 消費者の保護に関する取組み P.33
      • 2007年消費者保護法案 P.33
    • 並行輸入対策 P.34
  7. 知的財産権に関する政府の保護政策 P.35
    • 保護機関及びエンフォースメント機関 P.35
      • 模倣品取締機関(ACA)とその役割 P.35
      • ケニア産業財産権機関(KIPI) P.38
      • ケニア著作権委員会(KCB) P.39
      • ケニア歳入庁(KRA)(税関部) P.39
      • ケニア基準局(KEBS) P.39
■ソース

ケニアにおける模倣品流通に関する調査(2012年3月、日本貿易振興機構)【全文】
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2016/01/765f67b101e98bff43b39cb4ea254a13.pdf


■本文書の作成者

日本技術貿易株式会社


■本文書の作成時期

2015.11.18

■関連キーワード