国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア 審判・訴訟実務 | その他参考情報 特許・実用新案 | 商標 | その他 インドにおける知的財産権侵害に対する刑事上の救済措置

アジア / 審判・訴訟実務 | その他参考情報


インドにおける知的財産権侵害に対する刑事上の救済措置

2014年12月02日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル インド編」(2014年3月、日本貿易振興機構) 第2章 第7節では、インドにおける知的財産権侵害について、刑事訴訟の概要、商標/著作権侵害における刑事訴追手続き、刑事訴訟と民事訴訟の比較、権利行使に際して直面する様々な問題点等について説明されている。また、著作権法について提言されている改革、情報技術法におけるオンライン侵害に関する仲介者の法的立場と責任についても説明されている。
■詳細及び留意点

模倣対策マニュアル インド編(2014年3月、日本貿易振興機構)第2章 第7節

(目次)

 第2章 インドにおける知的財産権侵害への対策              

  第7節 知的財産権侵害に対して刑事訴追を求める方法 P.212

   1 刑事訴訟の概要 P.212

   2 商標/著作権侵害の告訴についての刑事訴追手続き P.212

   3 刑事訴訟と見字訴訟に関する比較説明 P.213

   4 知的財産権行使の問題点 P.214

   5 海賊行為および模倣行為の発生 P.214

   6 権利行使の問題点 P.215

   7 今後の改革 P.216

   8 情報技術法(IT 法)におけるオンライン侵害に関する仲介者の法的立場と責任 P.216

■ソース
模倣対策マニュアル インド編(2014年3月、日本貿易振興機構)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2014/10/c9d94c5f33c9bdf57e0782667bd932f7.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期

2014.08.25

■関連キーワード