国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア 審判・訴訟実務 | 審決例・判例 特許・実用新案 | 意匠 | 商標 | その他 シンガポールにおける知的財産権所有者が行う訴訟手続

アジア / 審判・訴訟実務 | 審決例・判例


シンガポールにおける知的財産権所有者が行う訴訟手続

2013年11月19日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • 審決例・判例
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル シンガポール編(簡易版)」(2012年3月、日本貿易振興機構)第3章3.6には、模倣品対策として知的財産権所有者が行う訴訟手続(刑事訴訟及び民事訴訟)について説明されており、権利行使に関する事例研究が紹介されている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 模倣対策マニュアル シンガポール編(簡易版)(2012年3月、日本貿易振興機構)第3章3.6

 

(目次)

第3章 シンガポールにおける模倣対策

3.6 知的財産権所有者が行う訴訟手続き p.106

   刑事訴追 p.106

   民事訴訟 p.107

   知的財産権所有者による刑事訴訟の概要 p.108

   検事局(Attorney-General’s Chambers)による刑事訴訟の概要 p.109

   権利所有者による民事訴訟の概要 p.110

   シンガポールで行われる権利行使に関する事例研究 p.111

   City Chain Stores(S) 対 Louis Vuitton Malletier社事件 p.111

   シンガポールにおける権利行使に関する重要な留意点 p.112

■ソース
・模倣対策マニュアル シンガポール編(簡易版)(2012年3月、日本貿易振興機構)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/09/1a888e0d4e8da846dd617f27ccbf9614.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 清水利明
■本文書の作成時期

2013.09.04

■関連キーワード