国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア 審判・訴訟実務 | 審決例・判例 | その他参考情報 商標 | その他 マレーシアにおける知的財産権侵害に対する刑事訴追

アジア / 審判・訴訟実務 | 審決例・判例 | その他参考情報


マレーシアにおける知的財産権侵害に対する刑事訴追

2013年09月20日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • 審決例・判例
  • その他参考情報
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル マレーシア編」(2013年3月、日本貿易振興機構)第1章第7節では、マレーシアにおける知的財産権侵害に対する刑事訴追が紹介されている。国内取引・協同組合・消費者省(MDTCC)の執行部の機能、マレーシアの刑事司法制度、刑事訴追の請求方法及び実際の事例について紹介されている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 模倣対策マニュアル マレーシア編(2013年3月、日本貿易振興機構)第1章第7節

 

(目次)

第1章 マレーシアにおける知的財産権侵害対策

第7節 知的財産権侵害に対する刑事訴追 p.93

 I. はじめに p.93

  A. 2011年取引表示法(TDA)に基づく権限 p.94

  B. 1943年価格統制法及び1980 年価格統制(製造者、輸入者、製作者又は卸売業者によるラベルの貼付)令に基づく権限 p.97

  C. 2000年光ディスク法に基づく権限 p.97

  D. 1987年著作権法に基づく権限 p.100

 II. マレーシアの刑事司法制度-裁判所の構造 p.102

  A. 治安判事裁判所 p.103

 III. 知的財産権侵害に対する刑事訴追の請求方法 p.105

  A. 捜査 p.105

  B. 不服申立て p.106

  C. エンフォースメント p.107

  D. 刑事訴追 p.107

 IV. エンフォースメント措置のリスク対効果 p.108

 V. エンフォースメント措置に基づき捜査等の開始された刑事事件の例 p.108

■ソース
・模倣対策マニュアル マレーシア編(2013年3月、日本貿易振興機構)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/09/77fdc37d8ef122e0cfbe833538551e68.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 市政梓
■本文書の作成時期

2013.08.20

■関連キーワード