国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア 審判・訴訟実務 | 審決例・判例 特許・実用新案 | 意匠 中国における専利行政取締りに関する適用状況

アジア / 審判・訴訟実務 | 審決例・判例


中国における専利行政取締りに関する適用状況

2017年12月21日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • 審決例・判例
  • 特許・実用新案
  • 意匠

このコンテンツを印刷する

■概要
「中国における専利行政取締りに関する法制度・適用状況」(2016年8月、日本貿易振興機構東京本部知的財産課・上海事務所知識産権部)では、中国における専利行政取締りに関する適用状況について、中国企業と日本企業によるそれぞれの事例、展示会における専利権行使の法的根拠や手続きの概要、展示会における専利権行使事例、専利権侵害を主張された場合の対応方法、近年の動向や日本企業に対するアドバイス等が紹介されている。
■詳細及び留意点

 「中国における専利行政取締りに関する法制度・適用状況」(2016年8月、日本貿易振興機構東京本部知的財産課・上海事務所知識産権部)第四章、第五章、第六章、第七章

 

(目次)

第四章 事例紹介 P.23

 1 中国企業の事例 P.23

 2 日本企業の事例 P.26

第五章 展示会での専利権行使 P.31

 1 展示会における専利権侵害対応の意義 P.31

 2 展示会における専利権侵害対応策の法的根拠 P.31

 3 展示会における専利権侵害対応策の申立準備事項 P.33

 4 知識産権局出張所の設置有無 P.34

 5 事例紹介 P.35

 6 展示会での証拠保全 P.42

 7 展示会における専利権侵害対応策まとめ P.44

第六章 権利を侵害したとの主張を受けた場合の対応方法 P.46

 1 徹底的な事前調査 P.46

 2 専利権侵害の理由で行政部門に調査・摘発された後 P.46

 3 行政処理や製品の差押えを受けた場合 P.48

第七章 最近の傾向と日本企業へのアドバイス P.50

 1 専利行政法執行操作指南(試行)の公布 P.50

 2 専利法改正の動き P.50

 3 専利権行政取締りの目標設定 P.52

 4 権利無効審判への心得 P.52

 5 禁反言の原則 P.53

■ソース
「中国における専利行政取締りに関する法制度・適用状況」(2016年8月、日本貿易振興機構東京本部知的財産課・上海事務所知識産権部)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2017/12/c6ad47a6c9d84415d1deec5e03c4c3a7.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期

2017.10.09

■関連キーワード