- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - http://www.globalipdb.inpit.go.jp -

中国における証拠収集に関する制度

2017年04月25日

  • アジア
  • 審判・訴訟実務
  • 特許・実用新案

印刷する

■概要
「知財紛争処理システムの活性化に資する特許制度・運用に関する調査研究報告書」(平成28年3月、知的財産研究所)III-5-(1)では、中国における証拠収集に関する制度について、民事訴訟(特許権侵害訴訟)における立証責任、新製品の製造方法の場合における立証責任の転換、人民法院による証拠調査と収集、証拠の申出期間、証拠交換と新たな証拠、証拠に対する質疑、ならびに証拠の審査が、民事訴訟法および民事訴訟証拠に関する若干規定(民事訴訟証拠規定)の内容を交えて項目ごとに説明されている。
■詳細及び留意点

 「知財紛争処理システムの活性化に資する特許制度・運用に関する調査研究報告書」(平成28年3月、知的財産研究所)III-5-(1)

 

(目次)

III 海外編

 5 中国

  (1) 証拠収集 P.217

   (i) 制度 P.217

■ソース
「知財紛争処理システムの活性化に資する特許制度・運用に関する調査研究報告書」(平成28年3月、知的財産研究所)
https://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2017/04/8c7b44167b105e4ebad4ca81e836eaf2.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2017.01.30
■関連キーワード
CN-am-4100   CN-lm-4100   CN-ln-4100   CN:中国   人民法院   原告   民事訴訟   民事訴訟法   民事訴訟証拠規定   特許権侵害   特許権者   申出期間   立証責任   被告   製造方法   証拠   証拠交換   証拠収集   証拠調査   質疑   質証  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.