国別・地域別情報

アフリカ / 審判・訴訟実務 | その他参考情報


ケニアにおける模倣品流通の実態とその対策

2016年04月05日

  • アフリカ
  • 審判・訴訟実務
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「ケニアにおける模倣品流通に関する調査」(2012年3月、日本貿易振興機構)8~12では、ケニアにおける模倣品流通の実態とその対策について、模倣品流通の概況、模倣品の製造国・流入流通経路、模倣品に対する現行措置(市場や国境税関での措置、民法および刑法による措置および法的手続等)等について説明されているとともに、ケニアにおける模倣品対策にかかる現行および今後の課題等についても紹介されている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 ケニアにおける模倣品流通に関する調査(2012年3月、日本貿易振興機構)8~12

 

(目次)

8 ケニアにおける模倣品流通の実際の状況 P.41

 ケニアにおける模倣品流通の概況 P.41

 模倣品とケニアにとっての経済的損害の規模 P.47

9 模倣品の製造国・流入流通経路 P.49

 流通経路 P.49

 輸入方式 P.50

  自動車 P.50

  スペア部品の輸入 P.50

 模倣品の目的地 P.51

 模倣品が流通する場所 P.51

 真正品との比較(品質、価格など) P.52

10 模倣品に対する現行措置 P.53

 市場での模倣品に対する措置 P.53

 国境税関での措置 P.54

 民法及び刑法による措置及び法的手続 P.55

 商品模倣に関する刑罰 P.56

 日本企業が模倣品を取り締まるために利用できる方法 P.56

 正当な権利を有する企業が模倣品を取り締まるための要件及び費用効果の高い措置 P.57

11 結論 P.58

 ケニアの知的財産権法 P.58

 模倣品の流通状況 P.58

 実地調査による発見事実のまとめ P.60

 模倣の問題と模倣品取締措置のまとめ P.61

 模倣の問題と課題 P.61

 その他の課題 P.62

 措置 P.62

12 残された課題 P.64

 刑罰 P.64

 水際対策 P.64

 押収及び保管 P.64

 司法改革 P.64

 消費者団体 P.65

■ソース
ケニアにおける模倣品流通に関する調査(2012年3月、日本貿易振興機構)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2016/01/765f67b101e98bff43b39cb4ea254a13.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期

2015.11.18

■関連キーワード