国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア 法令等 | その他参考情報 特許・実用新案 | その他 インドにおける遺伝資源の出所開示の制度・運用・実施状況

アジア / 法令等 | その他参考情報


インドにおける遺伝資源の出所開示の制度・運用・実施状況

2014年12月11日

  • アジア
  • 法令等
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「知的財産と遺伝資源の保護に関する各国調査研究報告書」(2013年2月、日本国際知的財産保護協会) 第Ⅳ部4.22では、インドにおけるCBD(生物多様性条約)に基づく遺伝資源の出所開示について、特許法及び生物多様性法の条文、遺伝資源へのアクセス承認機関とその機能、アクセス承認手続、申請から承認までのフローチャート、アクセス承認の許可件数、不許可の事例等が説明されている。また、遺伝資源のアクセスに関連する様式についても紹介されている。
■詳細及び留意点

知的財産と遺伝資源の保護に関する各国調査研究報告書(2013年2月、日本国際知的財産保護協会) 第Ⅳ部4.22

 

(目次)

 第Ⅳ部 各国の出所開示の制度・運用・実施状況

  4.22 インド P.155

 

 第Ⅶ部 添付資料

  7.2 出所開示要件の制度・運用・実施状況概括表 P.248

■ソース
知的財産と遺伝資源の保護に関する各国調査研究報告書(2013年2月、日本国際知的財産保護協会)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2014/09/5da143ba00f8c7a8e800d07157c0eba4.pdf
■本文書の作成者
日本技術貿易株式会社 IP総研
■本文書の作成時期

2014.09.09

■関連キーワード