国別・地域別情報

アジア / 審決例・判例 | その他参考情報


韓国の判例の調べ方

2012年08月09日

  • アジア
  • 審決例・判例
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
韓国の判例を最も便利に検索できるウェブサイトは、総合法律情報
http://glaw.scourt.go.kr/)です。地方法院、高等法院、特許法院、大法院等の判例を調べられ、誰でも無料でアクセス可能です。ただし、検索は韓国語による検索のみ可能です。
■詳細及び留意点

(1) 総合法律情報のウェブサイト(http://glaw.scourt.go.kr/)にアクセスしてください。直接アクセスされても構いませんし、例えば、大法院のウェブサイト(http://www.scourt.go.kr/)または、特許法院のウェブサイト(http://patent.scourt.go.kr/)にアクセスし、左欄の中から「総合法律情報(韓国語「종합법률정보」)」をクリックして同サイトに移動して頂いても結構です。

韓国大法院のウェブサイト

韓国大法院のウェブサイト


韓国特許法院のウェブサイト

韓国特許法院のウェブサイト

 

(2)総合法律情報のウェブサイトを開くと、下記の画面となります。ここで総合検索(종합검색)欄に、キーワード、事件名、法令名、条文番号、事件番号、著者名等を数字または韓国語で入力し、スペースの下の左から2番目の□判例(판례)にチェックを入れて右側の検索(韓国語「검색」)をクリックします。なお、チェックボックスは左から順に、□全体(전체)□判例(판례)□法令(법령)□文献(문헌)□規則/例規/先例(규칙/예규/선례)となっていますので、判例以外について絞り込み検索をすることも可能です。

 

また、同サイトでは、総合検索以外の検索も可能です。画面最上部のホーム(홈)、判例(판례)、法令(법령)、文献(문헌)、規則/例規/先例(규칙/예규/선례)のうち、左から2番目の판례(判例)にマウスポインタを合わせると、下方に単純検索(단순검색)、詳細検索(상세검색)、ディレクトリ検索(디렉토리검색)が表示されます。

韓国総合法律情報ウェブサイト

韓国総合法律情報ウェブサイト

 

(3)まず、単純検索(단순검색)から説明します。単純検索(단순검색)をクリックすると、下記の画面が表示されます。入力スペースにキーワード等を入力し、検索(검색)をクリックすると、該当の判例を見ることができます。例えば、「2007후1442」と入力してみます。すると、(6)に示す画面のように、判決全文を見ることができます。

韓国総合法律情報ウェブサイト入力例

韓国総合法律情報ウェブサイト入力例

 

(4)次に、詳細検索(상세검색)について説明します。

下記画面で詳細検索(상세검색)をクリックし、入力スペースにキーワードを入力します。除外語があれば、除外語(제외어)欄に入力します。詳細条件の入力としては、事件番号(사건번호)、事件名(사건명)、参照条文(참조조문)があります。最下段括弧内の検索範囲の設定では、上から事件種類(사건종류)、宣告日(선고일자)、判例等級(판례등급)、判例名(판례명)を入力し、検索できます。

 

(5)最後に、디렉토리검색(ディレクトリ検索)ですが、ここでは判例を法条文別又は法律名別に検索することができます。

 

(6)上記(3)のように検索スペースに「2007후1442」を入力し、検索をクリックすると、下記のとおり判決全文が表示されます。印刷したい場合は、画面右上の本文出力(본문출력)ボタンを押すと印刷範囲を指定するウィンドウが出るので、本文全体(본문전체)、本文の一部(본문일부)、選択領域(ドラッグ)出力(선택영역만(드래그)출력)等をチェックしてお好みの範囲を印刷してください。なお、この画面では、右側では上から順に【判示事項(판시사항)】、【判決要旨(판결요지)】、【参照条文(참조조문)】、【参照判例(참조판례)】、【全文(전문)】という項目で、左側では上から順に[評釈(평석)]、[関連文献(관련문헌)]、[参照判例(참조판례)]、[参照条文(참조조문)]、[本文参照判例(본문참조판례)]、[本文参照条文(본문참조조문)]、[原審判決(원심판결)]という項目で内容が表示されています。

韓国総合法律情報ウェブサイト入力例の検索結果

韓国総合法律情報ウェブサイト入力例の検索結果

■ソース
韓国総合法律情報ウェブサイト
判例検索ヘルプ
http://glaw.scourt.go.kr/help_g/right4_text.htm
■本文書の作成者
崔達龍国際特許法律事務所
特許庁総務部企画調査課 古田敦浩
■協力
一般財団法人比較法研究センター 菊本千秋
■本文書の作成時期

2012.07.25

■関連キーワード