国別・地域別情報

アジア / ライセンス・活用 | その他参考情報


中国における職務発明制度

2014年01月14日

  • アジア
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「我が国、諸外国における職務発明に関する調査研究報告書」(2013年3月、知的財産研究所)II.4では、中国の職務発明制度について説明されている。具体的には、職務発明や発明者の定義、職務発明についての権利の帰属、発明者への奨励・報酬等の職務発明制度の概要が紹介され、企業における職務発明の運用や外国企業が留意すべき点等についても説明されている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 我が国、諸外国における職務発明に関する調査研究報告書(2013年3月、知的財産研究所)II.4

 

(目次)

II. 各国の従業者発明制度(職務発明制度)の状況

 4. 中国の職務発明制度の状況 p.73

 (1) 前書き p.73

 (2) 中国職務発明制度の概要 p.73

  (i) 職務発明の帰属 p.73

  (ii) 発明者の定義 p.74

  (iii) 職務発明者への奨励・報酬 p.75

  (iv) 技術ノウハウを含む職務技術成果について p.76

 (3) 中国における職務発明の運用 p.77

 (4) 外国企業の留意点 p.77

 (5) 職務発明条例(草案)(2012年11月12日意見募集開始)の制定について p.79

■ソース
・我が国、諸外国における職務発明に関する調査研究報告書(2013年3月、知的財産研究所)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/12/a96dbc0b2ec5e2bbcba61f650cb38a0f.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 不藤真麻
■本文書の作成時期

2013.11.13

■関連キーワード