国別・地域別情報

アジア / その他参考情報


マレーシアにおける裁判外紛争処理

2013年09月20日

  • アジア
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • 意匠
  • 商標
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル マレーシア編」(2013年3月、日本貿易振興機構)第1章第8節では、マレーシアにおける裁判外紛争処理機関やその手続、またその関連法について紹介されている。裁判外紛争処理方法には交渉、仲裁、調停及び斡旋があるが、マレーシアにおける主な裁判外紛争処理手続は仲裁と斡旋である。クアラルンプール地域仲裁センター(KLCA)は非政府機関であるが、裁判外紛争処理(ADR)として仲裁の場を提供し、調停、斡旋、ドメイン名紛争処理手続に必要な事務処理等の支援を行っている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 模倣対策マニュアル マレーシア編(2013年3月、日本貿易振興機構)第1章第8節

 

(目次)

第1章 マレーシアにおける知的財産権侵害対策

第8節 裁判外紛争処理(ADR) p.111

 I. はじめに p.111

 II. 仲裁 p.112

  A. クアラルンプール地域仲裁センターの仲裁規則に基づく手続 p.113

  B. 仲裁の法的効力 p.115

 III. 調停/斡旋 p.116

  A. KLRCAの調停/斡旋の規則による調停/斡旋の手続 p.117

  B. 2012年斡旋法に基づく斡旋手続 p.120

  C. 調停/斡旋の法的効力 p.121

 IV. ドメイン名を巡る紛争の処理 p.121

  A. ドメイン名紛争処理手続 p.122

 V. 知的財産紛争を処理する際のADRの利用 p.123

■ソース
・模倣対策マニュアル マレーシア編(2013年3月、日本貿易振興機構)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/09/77fdc37d8ef122e0cfbe833538551e68.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 市政梓
■本文書の作成時期

2013.08.20

■関連キーワード