- 新興国等知財情報データバンク 公式サイト - http://www.globalipdb.inpit.go.jp -

マレーシア知的財産公社の特許審査体制

2018年07月17日

  • アジア
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • その他

印刷する

■概要
マレーシア知的財産公社(MyIPO)の特許部門は、特許審査課と特許方式課の2つの課に大別される。特許審査課はさらに2つの班(エンジニアリング班と応用科学班)に分かれている。特許の実体審査は特許審査課に所属する審査官によって実施される。本稿では、特許審査課の審査官の業務や特許方式課の業務、審査官の教育および訓練について解説している。

本稿では、マレーシア知的財産公社の特許審査体制について、Shearn Delamore & Co(マレーシア総合法律事務所)のパートナー 弁護士・弁理士のZaraihan Shaari氏とリーガルエグゼクティブのAnne Ng Yuin Yuin氏が解説している。
■詳細及び留意点

記事本文はこちらをご覧ください。

■本文書の作成者
Shearn Delamore & Co(マレーシア総合法律事務所)
Zaraihan Shaari
Anne Ng Yuin Yuin
■協力
日本技術貿易株式会社
■本文書の作成時期
2018.02.08
■関連キーワード
MY-am-2001   MY-am-9700   MY-aq-2001   MY-aq-9700   MyIPO   MY:マレーシア   マレーシア知的財産公社   実務者向け   審査体制   審査機関   知的財産公社法  

Copyright National center for industrial property information and training (INPIT). All rights reserved.