国別・地域別情報

アジア / 法令等


特許、実用新案、意匠、商標など各知的財産権の法令等へのリンクを掲載しています。


特許・実用新案

特許・実用新案

2019.06.20
タイにおける特許出願制度概要

タイにおける特許の出願手続は、主に、(1)出願、(2)方式審査、(3)出願公開、(4)審査請求、(5)実体審査、(6)登録の手順で進められる。審査請求は、出願公開から5年以内にする必要がある。また、特許権の存続期間は、出願日から20年である。

2019.06.18
ミャンマー知的財産権制度の最新状況

2017年7月にミャンマー新知的財産法案(商標法案、著作権法案、意匠法案、特許法案)が議会に提出され、新知財法案の成立、施行への期待が高まっている。本稿では、1)新知財法案の成立、施行時期の見込み、2)新知財法案の骨子、3)登記法から新商標法への「商標移行措置」、4)新知財法案の成立に伴い日系企業・団体が準備しておくべきことについて解説する。現在ミャンマーにおいて登記法に基づき商標を登記済みの権利者は、商標法施行後に再度商標出願する必要がある点に留意されたい。

2019.06.13
インドにおける特許出願制度概要

インドにおける特許出願制度での発明者・出願人の要件、所轄庁、出願に必要な書類、出願の流れ、審査、異議、審判等を紹介する。インド特有の制度として、国内実施報告制度があり、特許権者および実施権者は実施の状況を報告する義務があり、これを怠る、または虚偽の報告を行うと、処罰の対象となる。特許権の存続期間は出願日またはもっとも古い優先日から20年である。

2019.06.11
シンガポールの法令へのアクセス方法―AGCウェブサイト

シンガポールにおける法令は、シンガポール司法長官室(Attorney General's Chambers: AGC)のウェブサイトにて検索閲覧が可能である。サイトは英語で運営されている。

2019.06.06
マレーシアの知的財産権の法令および審査基準のアクセス方法―MyIPOウェブサイト

マレーシアにおける知的財産に係る法令および審査基準は、マレーシア知的財産公社(Intellectual Property Corporation of Malaysia:MyIPO)のウェブサイトで閲覧可能である。法令および審査基準は基本的に英語版が提供されているが、一部、マレー語版のみ提供されている。

2019.06.06
マレーシアの法令へのアクセス方法―AGCウェブサイト

マレーシアの法令は、マレーシア司法長官室(Attorney General's Chambers:AGC)のウェブサイトにて閲覧が可能である。

2019.05.28
タイ最高裁判所における判決の概要の調べ方

タイの最高裁判所における判決の概要は、タイ最高裁判所ウェブサイトから検索することができる。

2019.05.09
タイの知財関連の法令等へのアクセス方法

タイの知財関連の法令等は、タイ商務省知的財産局(DIP)ウェブサイトから確認することができる。

2019.05.07
ラオスの知財関連の法令等の調べ方

ラオスの知財関連の法令等は、Lao Services Portalウェブサイトから確認することができる。

2019.05.07
フィリピンの知財関連の法令等へのアクセス方法

フィリピンの知財関連の法令等は、フィリピン知的財産庁(IPOPHL)ウェブサイトから確認することができる。