国別・地域別情報

ホーム 国別・地域別情報 アジア 出願実務 | 審判・訴訟実務 | ライセンス・活用 特許・実用新案 シンガポールにおける特許権の管理(特許権の所有、譲渡・ライセンス、権利行使、侵害への対応等)

アジア / 出願実務 | 審判・訴訟実務 | ライセンス・活用


シンガポールにおける特許権の管理(特許権の所有、譲渡・ライセンス、権利行使、侵害への対応等)

2013年09月06日

  • アジア
  • 出願実務
  • 審判・訴訟実務
  • ライセンス・活用
  • 特許・実用新案

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル シンガポール編(簡易版)」(2012年3月、日本貿易振興機構)第2章2.2には、従業員による発明の帰属、特許権の譲渡又はライセンス、強制ライセンス、権利行使、侵害対応についての概要や留意点が説明されている。
■詳細及び留意点

【詳細】

 模倣対策マニュアル シンガポール編(簡易版)(2012年3月、日本貿易振興機構)第2章

 

(目次)

第2章 知的財産の管理

2.2  特許権 p.59

2.2.1 特許権の所有 p.59

    従業員が通常の業務の遂行によって発生した従業員による発明の位置付け p.59

    特許権の共有 p.59

2.2.2 特許権の取引(実行可能な取引) p.60

    特許権取引における必要条件としての署名済文書 p.60

    譲受人および排他的ライセンス被許諾者が特許権侵害の訴訟手続きに入る権利  p.60

    登録可能取引と登録の利点 p.60

    特許関連契約および契約締結の際の留意点 p.60

    強制ライセンス許諾 p.62

2.2.3 権利行使 p.62

    特許権所有者が持つ排他的な権利、および保護期間 p.62

    特許権の侵害に対する法的措置 p.62

    侵害行為に関する判断枠組み、および第三者が負う可能性のある共同不法行為に対する責任 p.63

    抗弁 p.63

    先使用を継続する権利 p.64

    可能な救済方法と賠償金の回収に関する制約 p.64

2.2.4 特許侵害の申立てへの対応戦略 p.66

    特許無効の訴えを求める反訴 p.66

    根拠のない特許侵害訴訟をうかがわせる脅迫行為への対応策 p.66

    特許取消申請の手続きおよび取消の根拠 p.66

    非侵害性の宣誓を求める申請 p.67

■ソース
・模倣対策マニュアル シンガポール編(簡易版)(2012年3月、日本貿易振興機構)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/09/1a888e0d4e8da846dd617f27ccbf9614.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 清水利明
■本文書の作成時期

2013.08.06

■関連キーワード