国別・地域別情報

欧州 / 出願実務 | ライセンス・活用 | その他参考情報


ロシアにおける植物新品種の保護

2013年09月06日

  • 欧州
  • 出願実務
  • ライセンス・活用
  • その他参考情報
  • 特許・実用新案
  • その他

このコンテンツを印刷する

■概要
「模倣対策マニュアル ロシア編」(2012年3月、日本貿易振興機構)第1章第6節(4)では、ロシアにおける植物新品種に対する権利について記載されている。ロシアでは、新品種に係る知的財産権を取得するには、識別力、均一性、安定性(DUS基準)、新規性の基準に適合していなければならない。存続期間は30年間(ぶどう、装飾用の木、果実用の木の栽培又は林業用の品種(これらの系統を含む)の法的保護期間は35年)である。

■詳細及び留意点

【詳細】

 模倣対策マニュアル ロシア編(2012年3月、日本貿易振興機構)第1章第6節(4)

 

(目次)

第1章:ロシアにおける知的財産権の取得

第6節 その他の権利

 (4) 植物の新品種に対する権利 p.149

  a) 新規性 p.150

  b) 識別力 p.150

  c) 均一性 p.150

  d) 安定性 p.150

■ソース
・模倣対策マニュアル ロシア編(2012年3月、日本貿易振興機構)
http://www.globalipdb.inpit.go.jp/jpowp/wp-content/uploads/2013/09/b91f7f3b65c81f32e4c8610ed549ee17.pdf
■本文書の作成者
一般財団法人比較法研究センター 不藤真麻
■本文書の作成時期

2013.08.07

■関連キーワード